May 3, 2019

レナード衛藤&ダンスアンサンブル「深き森」 2019年5月30日(木) 19:00

Posted on03 May 2019
Comments0
世界50か国を超える国々で演奏を行ってきた太鼓奏者、レナード衛藤がダンス・アンサンブルと生み出すライブ・パフォーマンス。豊かな音色と多種多様なリズム。その質の高い演奏に土着的な踊りからクラシカルな踊りで呼応するダンス・アンサンブル。太鼓と踊りがひとつの”絵”となるパフォーマンスは、太鼓奏者の視点で作るから面白い。祝祭パフォーマンス「深き森」は、混迷する時代において民族を越えるひとつのメッセージとなり得るだろう。 構成・演出・音楽:レナード衛藤 出演:レナード衛藤(太鼓) 田所いおり、前田新奈、水谷彩乃(ダンス・アンサンブル) レナード衛藤 -その活動の世界的規模と多様性は、一人の太鼓奏者として圧倒的な経歴を誇る- ニューヨーク生まれ。1984年より和太鼓グループ「鼓童」において演奏や作曲だけでなく、音楽監督として太鼓アンサンブルを確立させ、太鼓のイメージを一新させる活躍でグループをリードする。1992年に独立後、国際交流基金主催の海外公演ツアーをアフリカ(4回)、中近東、中央アジアなどで行う。2013年に文化庁の文化交流使に任命され、1年間ヨーロッパを拠点に活動するなど、これまでに世界50か国以上で演奏を行う。 共演者も多岐に富んでおり、ボブ・ディラン、エルトン・ジョン、スティング、QUEENのロジャー・テーラー、ザキール・フセイン、スージー&ザ・バンシーズ、布袋寅泰、堂本剛などと共演。ダンスとの創作も盛んに行っており、世界的プリマのニーナ・アナニアシビリやニューヨークのダンスグループ・ピロボラス、マルセイユ国立バレエ団、レーゲンスブルグ・ダンスなどと作品を発表している。さらに、楽曲においても”JFK”や”THIN RED LINE”などの海外映画やオリンピック競技演目、CMに多数使用されている。   田所いおり フランスの工藤大貮のもとへ短期留学し、ゲストとしてマリ・クロード・ピエトラガラが出演したフランス公演に参加。第5回日本バレエフェスティバルにて「グラン・パ・ド・フィアンセ」を踊る。日本バレエ協会公演の多くの作品に主演、ソリストとして参加。石井潤、後藤早知子、上田遥、佐多達枝、堀内充、中島素子など、日本の主要振付家の作品を数多く踊る。ViViバレエ50周年記念公演「シンデレラ」において主演。安倍みを子バレエスタジオ講師。   前田新奈 1994年~2007年、谷桃子バレエ団所属。「白鳥の湖」などに主演。1997年~2010年、新国立劇場バレエ団所属。ソリストとして様々な作品に出演。2005年より振付活動を開始。谷桃子バレエ団、東京シティバレエ団、大和シティバレエ、日本バレエ協会、熊川哲也主宰Kバレエスクールなどにて作品を発表。2010年~2012年、文化庁派遣、新進海外芸術家研修員としてドイツ・ベルリンにて研修。   水谷彩乃 3歳でバレエを始め、日本ジュニアバレエ、AMスチューデンツにて牧阿佐美に師事。関東国際高等学校演劇科にて演劇の基礎を学ぶ。2009年、ベラルーシ国立バレエ学校に留学、2011年、同校を卒業。2011年よりベラルーシ国立ボリショイ劇場に在籍。全演目に出演。2013年に帰国し、現在フリーダンサー、バレエ講師として活動中。 東京小牧バレエ団、BALLET TRADITION、森山開次演出オペラ「ドン・ジョヴァンニ」などに出演。     トップ画像 ©Art Direction and...
Read More