watanabe

administrator

coba special concert in Rome 2017年10月5日(木)

Posted on15 Sep 2017
Comments0
2017年10月5日(木)19時開演 昨年、その革新的な演奏でローマを沸かせたアコーディオニスト・作曲家のcobaが、この秋、彼のバンドを引き連れてローマ日本文化会館に帰ってきます。今やアコーディオンの改革者として世界に名を馳せるcoba。唯一無二のサウンドと技術でアコーディオンという楽器をメインストリームへと導いたことへの称賛をこめて、ローマでの公演後はアコーディオンの聖地と言われるカステルフィダルド市で名誉市民賞を受賞、記念コンサート(10月7日)が開催されます。 18歳で留学したcobaにとって音楽活動のルーツでもあるイタリアで、今年もとびきり情熱的なライブを繰り広げます。 coba アコーディオニスト・作曲家 数々の国際コンクールで優勝。以来、ヨーロッパ各国でのCDリリース、チャート1位獲得など、”coba”の名前と音楽は国境を越え世界の音楽シーンに影響を与え続けている。20年以上にわたり恒例化しているヨーロッパツアー、更にはアイスランド出身の歌姫ビョークのオファーによるワールドツアー参加など、今や日本を代表するアーティストとしてその名を世界に轟かせている。常にハイクオリティなサウンドを追究したその作品は国内外に高い評価を得る。アコーディオンのイメージをポップミュージックの世界で大きく変えたその音楽は今や”coba”というひとつの音楽ジャンルになったとも言われる。バンクーバーオリンピックの男子フィギュアスケートにて、coba の「eye」でプログラムに臨んだ高橋大輔がメダルを獲得し、またロンドンオリンピックでは体操の寺本明日香選手が「時の扉」を使用。冬夏2シーズンに渡り、cobaの楽曲が世界の舞台で金字塔を打ち立てた。また、今日までプロデュースしてきた映画、舞台、テレビ、CM音楽は500作品を超える。その他演奏家やオーケストラへの委嘱作品を手がけるなど、作曲家としても多くの作品を生み出している。2016年11月にはデビュー25周年を迎え、12月21日、通算37枚目となるアルバム「coba?」をリリースし、全国ツアー「coba tour 2017 25周年記念」を開催。来る10月7日、アコーディオンの聖地と言われるイタリア・カステルフィダルド市にて名誉市民賞授賞。 伊丹雅博:Guitar 1955年東京都出身 1974年~自己のグループでLive活動開始 後、Studioミュージシャンとして様々な歌手のサポート。 ギターの他、数々の民族楽器などでレコーディング、CM音楽作曲&アレンジに携わる。アコーディオニスとのcobaとは1990年に出会い数十枚のcobaのCDに参加と同時にイタリア、フランス、ベルギー、イギリスなどのツアーにも参加。 2001年ソロアルバム「a deux」リリース。 1993年~2003年に東京Popsオーケストラメンバーとして国連総会議場及びN.Yカーネギーホールでのコンサートに参加。 2003年ベルリンJazz Fesに出演。 2004年ルチアーノ・パバロッティ『ワールドツアーファイナルコンサート』東京公演に参加。 2010年8月 Steve WhippleとのDuoアルバム『A Day In...
Read More

GAIACUATRO(ガイアクアトロ)公演 2017年11月14日

Posted on12 Sep 2017
Comments0
『GAIA CUATRO』感動の音空間 11月14日(火)19:00開演 日本のジャズ・フュージョン界を代表するヴァイオリニストの金子飛鳥を中心に、ヤヒロトモヒロ(パーカッション)、ヘラルド・ディ・ヒウスト(ピアノ)、カルロス‘エル テーロ’ブスキーニ(ベース)といずれも世界的に高い評価を受けるプレイヤーが一同に会し、生命力と躍動感溢れる音楽を奏でます。ジャズ、クラシック、ラテンミュージック…ひとつの枠に収まらない彼らの音楽は、「ガイア・ミュージック」と呼ばれ、多くのファンの心を掴んで離しません。 GAIA CUATRO 2003年パリ日本文化会館に共演したことがきっかけで、2004年日本ツアー中に結成された日本人2名とアルゼンチン人2名の日亜混成バンド「ガイアクアトロ」作品:「GAIA」(2005年日本)、「UDIN」(2007年日本、イタリア)、「haruka」(2010年イタリア)、「VISIONS」(2011年イタリア)2014年11月在ルクセンブルク日本大使館、在ベルギー日本大使館に招かれる。 2015年「KAZE~風」をイタリアにて発表する。 金子飛鳥(ヴァイオリン・ヴォーカル) ヘラルド・ディ・ヒウスト(ピアノ) カルロス・エル テロ・ブスキ-ニ(ベース) ヤヒロトモヒロ(パーカッション) Mizuho (GAIA CUATRO meets AURORA DANCE) 金子飛鳥 vl,vo  http://askakaneko.com  4歳からヴァイオリン、ピアノ、作曲を始める。幼い頃は抽象画家である母に連れられ自然の中で声を出しヴァイオリンを自由に弾いて育った。高校在学中よりプロ活動を開始、東京芸術大学でクラシックを学ぶ傍ら、自己の音楽を追求する。以来数々の国内外アーティストとの共演、10年間に渡るアジア各国の民族音楽家との共同プロジェクト「Asian Fantasy」の中核も担った。「金子飛鳥Acoustic...
Read More

『寶船』阿波踊りパフォーマンス 2017年11月7日(火)

Posted on25 Aug 2017
Comments0
『寶船』阿波踊りパフォーマンス 11月7日(火)19:00開演 「踊り出したら、命懸け」を合言葉にパリのJAPAN EXPOへの連続出演やNYでの単独公演など、世界中でパフォーマンスを繰り広げている、日本初のプロ阿波踊り集団『寶船』がローマにやってきます。400年の伝統を誇る日本の阿波踊りの伝統を引き継ぎ、進化を続ける5人のプロメンバーが、熱く激しく、楽しい踊りで会場を魅了します。 11月4日(土)、5日(日) LUCCA COMICS(ルッカコミックス)にて公演 OFFICIAL HP ■寶船(たからぶね) 1995年、阿波踊りの本場・徳島県出身の連長が主宰となり、東京都で発足。阿波踊りを主軸に、新たな日本芸能の可能性に挑む阿波踊りエンターテイメント集団。 2012年に法人化し、日本唯一のプロ阿波踊りグループとなる。2014年に初の世界ツアーを実現し、以後年間約250ステージをこなすまでに成長。 世界最大の日本の祭典「Japan Expo in Paris」へ4年連続出演、NYでの単独公演など、わずか4年間で世界18都市へ活動を展開。2017年は世界8カ国13都市で公演。 2014年12月、日本PRのCM『日本の若さが世界を変える』に出演し、「my Japan Award 2014」 にて《箭内道彦賞》を受賞。フジテレビ「にじいろジーン」や、日本テレビ「ネプ&イモトの世界番付」、テレビ東京「YOUは何しに日本へ」などテレビにも多数出演。また今年2017年には、アサヒ『三ツ矢サイダー』のCMに抜擢され、長澤まさみ、ビートたけし、ディーン・フジオカと並び出演。現在、オンエア中。 国内でも、「すごい豆まき」や「ダボス会議アフターパーティー」、「もしもしにっぽん FESTIVAL」「泡フェス」「TEDxUTokyo」など話題のイベントに出演し、会場を熱狂させた。最近では、日本を代表するDJであるDAISHI DANCEとスペシャルユニットを組むなど、他分野とのコラボレーションも精力的に行っている。  

日本の現代写真 1970年代から今日まで-同時代へのまなざし 10月27日(金)~2018年1月5日(金)

Posted on24 Aug 2017
Comments0
日本の現代写真 1970年代から今日まで-同時代へのまなざし 10月27日(金)~2018年1月5日(金) 近年、日本の写真表現に対する海外からの関心は、着実に高まりを見せています。それは単に、知られざるエキゾティックな写真表現への興味や、欧米中心に語られてきた「写真史」に対するオルタナティブといった側面からだけではなく、国境や文化の違いを越えて共感・享受される同時代の表現者たちの営みとして、日本の現代写真が受け容れられているということを示唆しています。この展覧会では、写真表現にさまざまな意味での変革が起きた60年代末から70年代初めの時期を、今日につながる日本の現代写真の起点ととらえ、それ以降の写真表現の展開を概観します。 展覧会は二つの章から構成されます。第一章「変容する社会」では、主に社会的な存在としての人々の姿をモティーフとする仕事、第二章「変容する風景」では、都市や郊外、自然の姿をめぐって為された仕事をそれぞれとりあげます。それらは高度経済成長期の終わりから世紀転換期までの、日本社会の変容をさまざまな視点から浮かび上がらせてくれるでしょう。またそれぞれの章を通じて、現実と向かい合いながら変容する、写真家たち自身の個のまなざしにも注目します。 本展では、日本固有の文脈を色濃く反映しつつ、世界的に共有されてきた同時代の写真表現の課題とも真摯に向かい合いながらつむぎだされてきた、日本の現代写真のエッセンスを呈示します。 [出品予定作家] プロローグ:森山大道 第一章:東松照明、荒木経惟、北井一夫、橋口譲二、大西みつぐ、土田ヒロミ、潮田登久子、鬼海弘雄、瀬戸正人 第二章:山田脩二、伊奈英次、築地仁、小林のりお、川田喜久治、宮本隆司、神谷俊美、高梨豊、ホンマタカシ、市川美幸、田村彰英、柴田敏雄 エピローグ:鈴木理策 企画協力: 増田玲(東京国立近代美術館 主任研究員) メイン画像> Masato Seto, From the series “picnic”, 2004

シドッティに関する講演会 2017年10月19日(木)

Posted on24 Aug 2017
Comments0
シドッティに関する講演会 1708. Il viaggio segreto di Giovanni Battista Sidotti in Giappone 2017年10月19日(木) 19:00 18世紀初頭の鎖国時代、キリスト教布教の使命を帯びて屋久島へと上陸したパレルモ出身の宣教師ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ。彼と新井白石の交流と、その壮絶な生涯を描いた『密行 最後の伴天連シドッティ』の著者である屋久島在住の古居智子による講演会を、コメンテーターを交えながら、同書のイタリア語訳の出版社であるTerra Santa主催で開催します。 主催:Terra Santa、協力:ローマ日本文化会館 登壇者: Marco Del Bene(ローマ大学サピエンツァ東洋学部准教授) 古居智子(『密行 最後の伴天連シドッティ』著者) Don Agostino...
Read More

日本とバチカンの過去から未来をつなぐマレガ文書の世界 2017年10月26日(木)

Posted on24 Aug 2017
Comments0
日本とバチカンの過去から未来をつなぐマレガ文書の世界 2017年10月26日(木) 18:00 宣教師としての活動の傍らで、豊後地方のキリシタン関係の資料を精力的に収集・研究したマリオ・マレガ神父。彼により収集された文書や手稿など、1万点にも及ぶ史料群が2011年、バチカン図書館内で発見されました。この史料群のデータベース化、保存修復、デジタル化を進めるプロジェクトとしてバチカン図書館と人間文化協力機構により発足したマレガ・プロジェクトに関するシンポジウムを開催します。発言者に大友一雄(人間文化研究機構国文学研究資料館教授)、シルヴィオ・ヴィータ(京都外国語大学教授)、アンヘラ・ヌーニェス=ガイタン(バチカン図書館修復部門長)を迎えます。 共催:人間文化研究機構、バチカン図書館 助成:東芝国際交流財団 後援:在バチカン日本国大使館

トランプ時代の日米同盟に関するシンポジウム 2017年10月13日(金)

Posted on21 Aug 2017
Comments0
トランプ時代の日米同盟に関するシンポジウム 10月13日(金)17:30より 地政学研究所(ISAG)、在イタリア日本国大使館との共催シンポジウムも今年で第3回を迎えます。今回はトランプ大統領時代における日米同盟をテーマに地政学、経済学などの見地から論じられます。 共催:在イタリア日本国大使館、地政学研究所(ISAG) (PDFをフルサイズで表示する) 事前参加予約は右記まで https://goo.gl/forms/BKcJ4HFVmh6hgFRE2 ご挨拶: 内川昭彦(在イタリア日本国大使館公使) ティベリオ・グラツィアーニ(地政学研究所会長) 竹下潤(ローマ日本文化会館館長事務代理) パネルディスカッション: ダニエレ・スカレーア(地政学研究所事務局長) アクセル・ベルコフスキー(パヴィーア大学教授、イタリア国際政治研究所シニア・アソシエイト・リサーチフェロー) ジュリオ・プリエーゼ(キングス・カレッジ・ロンドン講師) アントニオ・モスカテッロ(Askanews記者) モデレーター:ジュリア・ポンピーリ(Il Foglio記者) プログラム詳細・講演者プロフィール(イタリア語)

山村流 舞と地唄 大阪の伝統芸能 2017年10月24日

Posted on21 Aug 2017
Comments0
レクチャーデモンストレーション 10月24日(火) 19:00開演 舞: 山村若隼紀  地唄: 菊央雄司 紹介・解説: Bonaventura Ruperti教授 (ヴェネツィア大学カ・フォスカリ) 共催:ヴェネツィア大学カ・フォスカリ その他のツアー日程: 10月22日> ボローニャ (ソッフィッタ劇場) 10月25,26,27日> ヴェネツィア (ヴェネツィア大学、ヴェネツィア東洋美術館) 10月30日> ヴェネツィア (ゴルドーニ劇場) 京阪神で座敷の舞として生まれた上方舞。中でも山村流は、「大阪の舞は山村か、山村は大阪の舞か」と言われ、その繊細で優雅な舞は地唄と共に高く評価されています。山村若隼紀と地唄の菊央雄司による公演を、ボナベントゥーラ・ルペルティ(ヴェネツィア大学 カ・フォスカリ教授)の解説でお楽しみ下さい。共催:ヴェネツィア大学 カ・フォスカリ

CINECOMEDY in Japan 2017年10月3日-11月30日

Posted on21 Aug 2017
Comments0
映画上映会 CINECOMEDY in Japan 2017年10月3日-11月30日 上映開始時刻 17.00 または 19.00 団地に越して来た夫婦(出演:藤山直美、岸部一徳)にまつわる噂が引き起こす一大騒動を描く、阪本順治監督の『団地』、沖田修一監督、松田龍平扮するモヒカン頭の主人公が家族や恋人と繰り広げるホームドラマ『モヒカン故郷に帰る』など、笑いあり、時に涙ありのコメディ映画7タイトルを上映。全て日本語での上映、全作品イタリア語字幕付き、一部の作品はイタリア語および英語字幕付きです。入場無料、予約不要です。 10月3日(火)17:00 / 11月9日(木)19.00 居酒屋ゆうれい  監督:渡邊孝好 1994 | 110’ | カラー | 16mm | イタリア語字幕 ©Argopictures 10月6日(金) 19.00...
Read More

L’ISOLA DEL CINEMA 2017

Posted on30 Jun 2017
Comments0
L’Istituto Giapponese di Cultura, l’Ambasciata del Giappone in Italia e il Festival L’Isola del Cinema per il nono anno consecutivo organizzano insieme SERATA GIAPPONE L’ISOLA...
Read More