講演会

ローマ日本文化会館日本庭園の歴史 6月16日(金)

Posted on26 Apr 2017
Comments0
ローマ日本文化会館日本庭園の歴史 6月16日(金)19:00から 『花の造園家』とうたわれた故中島健氏が海外で初めて設計したローマ日本文化会館の日本庭園は、四季折々、ローマのみならずイタリア各地からの多くの来場者を楽しませてくれています。今年1月にイタリア国立21世紀美術館(MAXXI)での講演会が大好評を博した大阪芸術大学・福原成雄教授、辻井造園代表・辻井博行氏を迎え、日本庭園史における当館庭園の意義や、中島氏ならではの庭造りのこだわり等、小さな庭園に秘められた限りない魅力をご紹介します。 ★18時より、講演会参加者を対象に日本庭園を特別公開いたします。(予約不要、ただし入場人数に限り有り) 福原成雄(ふくはら・まさお)  大阪芸術大学芸術学部建築学科教授 京都府出身、1975年大阪芸術大学芸術学部環境計画学科卒業、現在、大阪芸術大学芸術学部建築学科教授。造園と文化財庭園調査を専門とし、日本庭園の成立や技術交流の歴史、海外における日本庭園の意義と影響に関する研究活動を展開するとともに、世界各国で日本庭園の保存修復、設計、作庭、維持管理、技術指導を広く実践し、「日本庭園の伝導師」として人材の育成にあたっている。1999年には英国Tatton Parkフラワーショーにおける日本庭園がThe Royal Horticultural Societyの特別賞を受賞。さらに2001年には、世界中の造園家の憧れであり、世界で最も歴史が古く権威ある英国の園芸品評会「チェルシー・フラワーショー」に日本庭園を出展し、日本人で初となる金賞と最優秀賞を受賞した。高い評価を受けた同庭園は、受賞を機にウェールズ国立植物園に移築され、永久保存された。国内での活動は言を俟たず、海外で手がけた日本庭園は代表的なものだけでも、英国王立キューガーデン日本庭園(1996)、中国長春市日中友好会館日本庭園(1998)、ウェールズ植物園内日本庭園(2001)、ロスチャイルド美術館内日本庭園(2003)、英国王立園芸協会ウイズリーロックガーデン(2005)、トルコ・エスキスェヒル市日本庭園(2010)など、枚挙に暇がない。2014年からは、英国コーデン城日本庭園復元工事を手掛けている。著書に『日本庭園を世界で作る』(学芸出版社、2007)、『海外に調和した日本庭園をつくる』(主婦と生活社、2008)など。2006年には、ニューズウィーク誌の特集「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれている。 辻井博行(つじい・ひろゆき) ㈱辻井造園代表取締役 造園家、庭園デザイナー。㈱辻井造園代表取締役 1970年滋賀県大津市生まれ。大阪芸術大学環境計画学科卒。大学在学中から、西の雄として日本を代表する造園家、㈱中根庭園研究所・中根金作氏(京都)に師事し古庭園を学ぶ。卒業後は東の雄として日本を代表する㈱綜合庭園研究室・中島健氏(東京)の元で作庭に従事する。中島健氏は「花の造園家」として著名であり、ローマ日本文化会館及びローマ大学附属植物園の日本庭園を設計したことでも知られる。1992年には、中島氏とともにミネベア軽井沢山荘内ゲストハウス周辺改修工事/長野・軽井沢に携わった。1995年に㈱辻井造園入社、2004年から代表取締役。中島健氏によって培われた新たな感覚の作風と、中根金作氏の指導による代々受け継がれた伝統技法を融合し、京都・滋賀を中心に活発な活動を行っている。国内の主な庭園としては、本家鶴喜そば内庭園改修/滋賀・大津(2006)、仁寿殿ゲストハウス庭園改修/京都・金閣寺(2008)、石山紫の道造園修景(石山寺表参道)「さざなみの庭」「曲水の庭」/滋賀・大津(2014) 、吉田家古庭園復元/滋賀・草津(2016)などがあり、これら作品により各種賞を受賞。近江八景の松の再生や古道の再生にも取り組み、作庭に加え、業界のスキルアップや地域貢献、後進育成にも力を注いでいる。海外における活動としては、2001年から福原成雄氏と共に、海外の日本庭園復元および作庭プロジェクトにも取り組み、実践家として内外における人材育成に貢献。主な実績としては、タトンパーク内日本庭園修復(1996)、「チェルシー・フラワーショー」日本庭園(2001)、ウェールズ植物園内日本庭園(2001)、ロスチャイルド美術館内日本庭園(2003)、英国王立園芸協会ウイズリーロックガーデン(2005)など。  

話芸に関するワークショップ・講義シリーズ「演じられる言葉」 3月2日・21日・23日

Posted on24 Feb 2017
Comments0
ローマ大学と共催の、講談・浪曲・落語の演者によるワークショップシリーズ。第3弾は浪曲師・春野恵子による実演とワークショップを開催します。シリーズ最終回の第4弾では落語家の三遊亭竜楽がイタリア語による落語を披露します。 ●春野恵子/浪曲 3月2日(木)10:00から 会場:ローマ大学ISO Istituto Italiano di Studi Orientali, Sapienza 3月2日(木)18:30から 会場:ローマ日本文化会館 ●三遊亭竜楽/落語 3月21日(火)10:00から 会場:ローマ大学ISO Istituto Italiano di Studi Orientali, Sapienza 3月23日(木)18:30から 会場:ローマ日本文化会館 Foto in evidenza: da...
Read More

酒井健治 現代音楽レクチャーデモンストレーション 2月28日(火)

Posted on28 Jan 2017
Comments0
2月28日(火)18:30から 2015年にローマ賞を受賞し、創作活動のためローマのヴィラ・メディチに1年間滞在した気鋭の現代作曲家、酒井健治氏のオリジナルピアノ曲によるレクチャーコンサート。作曲家本人の解説で、現代音楽の世界の深遠な魅力を、わかり易く解説します。(ピアノ:福山平成大学・伊藤憲孝准教授) 酒井健治 (作曲家) 大阪生まれ。京都市立芸術大学にて学んだ後渡仏。フランス国立パリ高等音楽院作曲科、ジュネーヴ音楽院作曲科を最優秀の成績で卒業後、Ircam(イルカム、フランス国立音響音楽研究所)にて電子音楽を学び、2012年マドリッド・フランスアカデミーの芸術部門の会員に選出された。 ドイツ音楽界の重鎮であるヘルムート・ラッヘンマンは酒井健治の作品に対し、非常に高度に発達した作曲技術を持ち、極めて個人的に発展したそのスタイルは軽やかさと輝きを帯びると表現し、 独奏からオーケストラまで、あるいは電子音響をフューチャーした作品群は国内外の著名な演奏団体によって世界初演されている。 その一部を列挙すると、リヨン国立管弦楽団、ルツェルン交響楽団、ベルギー国立管弦楽団、NHK交響楽団、京都市交響楽団、アンサンブル・アンテルコンタンポラン等が挙げられ、またジョナサン・ノット、ジョナサン・シュトックハマー、飯森範親、下野竜也、児玉桃、成田達輝、萩原麻未等の指揮者やソリストによって欧州各国、日本、北米の著名な音楽祭やコンサートホールで世界初演されており、特にシルヴァン・カンブルラン指揮読売日本交響楽団によって初演された「ブルーコンチェルト」は同楽団の欧州ツアーのために、また「青のスパイラル」はレ・ヴァン・フランセの日本ツアーのために書かれた。また自作品の個展がこれまで欧州や日本の様々な都市で開催されており、2017年2月にはMusic From Japan音楽祭のテーマ作曲家としてニューヨークで室内楽作品が特集される予定である。管弦楽作品についても定期的に発表しており、2017年より3年間名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスに就任する事が決まった。 これまで国内外の著名な作曲賞を次々に受賞しており、ジョルジュ・エネスコ国際コンクール作曲部門グランプリ(2007)、武満徹作曲賞第一位(2009)、ルツェルン・アートメンターファンデーション賞(2010)、エリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門グランプリ(2012)、文化庁長官表彰(国際芸術部門)(2012)、芥川作曲賞(2013)、ジョルジュ・ヴィルデンシュタイン賞(2013)等、また2015年ローマフランスアカデミーのフェロー(ローマ賞)に選ばれた。 酒井健治の作品は全音楽譜出版社より出版されている。 www.kenjisakai.net 伊藤憲孝(ピアノ) 1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積む。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift fur Musik(ドイツ)などで取り上げられている。数多くの現代作品を手掛けるが、中でも酒井健治のピアノ曲全曲演奏会を世界各地で行っており、今回のローマ公演は昨年6月のメディチ荘での演奏以来となる。 福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師 noritakaito.com  ...
Read More

イタリア人学習者のための日本語アクセント講座 2017年2月4日

Posted on28 Jan 2017
Comments0
10:00~12:00 東京大学で開発された日本語オンラインアクセント辞典(OJAD)のイタリア語版を担当したジュゼッペ・パッパラルド(ヴェネツィア大学)によるイタリア人日本語学習者向けのセミナーです。イタリア人が日本語のアクセントを学習する際の間違いやすい点や学習のポイントなどについて解説します。  

日本とイタリアにおける唐物古銅: 所蔵と「アンチクアリアニスム」 2017年2月13日

Posted on28 Jan 2017
Comments0
10:00から ジェノヴァのキヨッソーネ美術館ファイッラ館長、ローマ国立東洋美術館のロベルト・チャルラ氏、東京都根津美術館の西田宏子氏による、日本とイタリアにおける唐物古銅作品の収集、古美術研究に関する講演会。 Immagine in evidenza Cina, periodo Yuan, secoli XIII-XIV Vaso da fiori a forma di hu quadrato Bronzo colato e patinato, a. 27.5, base...
Read More

講演会 POP GAGAKU 2017年1月31日

Posted on16 Jan 2017
Comments0
1月31日(火)18:30 より 雅楽を専門に研究するアンドレア・ジオライ(ヴェネツィア大学/ライデン大学)による講演会。長い歴史をもち高度な芸術的構成をなす雅楽の魅力について掘り下げます。2月2日(木)に開催の明治神宮による「雅楽&武道」公演とあわせてお楽しみください。  

日本庭園の歴史 2017年1月27日

Posted on16 Jan 2017
Comments0
1月27日(金)18:00 より 会場:ローマ国立21世紀美術館(MAXXI)(Via Guido Reni, 4A)  http://www.fondazionemaxxi.it/events/la-storia-del-giardino-giapponese/ 当館の庭園を作庭した故中島健とかかわりの深い、大阪芸術大学教授・福原成雄、辻井造園代表・辻井博行を招き、当館庭園の歴史や中島健の活動についての講演会を行います。 講演 福原成雄(大阪芸術大学教授) 辻井博行(辻井造園代表) Paco Donato (ローマ大学付属植物園) イントロダクション Pippo Ciorra (MAXXIシニアキュレーター) 高須奈緒美(ローマ日本文化会館館長) Loretta Gratani(ローマ大学付属植物園園長) 福原 成雄 ふくはら まさお 造園家・庭園デザイナー・環境デザイナー。 京都府出身、1975年大阪芸術大学芸術学部環境計画学科卒業、現在、大阪芸術大学芸術学部建築学科教授。造園と文化財庭園調査を専門とし、日本庭園の成立や技術交流の歴史、海外における日本庭園の意義と影響に関する研究活動を展開するとともに、世界各国で日本庭園の保存修復、設計、作庭、維持管理、技術指導を広く実践し、「日本庭園の伝導師」として人材の育成にあたっている。 1999年には英国Tatton Parkフラワーショーにおける日本庭園がThe...
Read More

遠藤尚太郎監督インタビュー&TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)上映会 2017年3月3日

Posted on16 Jan 2017
Comments0
2017年3月3日(金) 17.00より 今期の映画上映会「フードシネマ」の一環として、『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』(2016年、110分、松竹)の遠藤尚太郎監督と、ロベルタ・ノヴィエッリ教授(ヴェネツィア大学)の対談を開催。 インタビュー後は、『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』を上映、遠藤監督への質疑応答の時間も設けます。   foto: Naotaro Endo  

WASHOKU 日本人の彩り豊かな食生活 2017年1月20日

Posted on16 Jan 2017
Comments0
1月20日(金) 18.30 講演: 長野県短期大学・中澤弥子教授 来賓: JETROミラノ小林浩人所長 展覧会「WASHOKU 日本人の彩り豊かな食生活」のオープニングを記念し、本展監修者の長野県短期大学・中澤弥子教授による日本食についての講演会を開催。本展覧会の実施にあたり、2015年ミラノ万博日本館から、国際交流基金への一部展示品の譲渡に関しご協力いただいた、JETROミラノ小林浩人所長を来賓として迎えます。 Immagine in evidenza: Ao mono sakana gun-zei oo kassen no zu di Hirokage Utagawa (Ajinomoto Foundation for...
Read More

「日本家族法:歴史・直面する課題・将来的展望」に関するシンポジウム 2016年11月24日(木)

Posted on10 Nov 2016
Comments0
11月24日(木) 17:30から これまであまりイタリアに紹介されてこなかった日本の法律について、特に家族法に焦点をあて、日本とイタリアの法律を比較しつつ多角的に論じるシンポジウムです。講演者はアントネッロ・ミランダ (パレルモ大学)、横溝大 (名古屋大学)、ジョルジョ・F・コロンボ (名古屋大学)。イントロダクションとモデレーターはノエミ・ランナ(ナポリ東洋大学)。横溝教授の発表(英語)を除き、シンポジウムはイタリア語にて行われます。