展覧会

日本の現代写真 1970年代から今日まで-同時代へのまなざし 10月27日(金)~2018年1月5日(金)

Posted on24 Aug 2017
Comments0
日本の現代写真 1970年代から今日まで-同時代へのまなざし 10月27日(金)~2018年1月5日(金) ★10/26(木)の17:00より、展覧会オープニングとしてのガイドツアー(伊語)を開催します。 近年、日本の写真表現に対する海外からの関心は、着実に高まりを見せています。それは単に、知られざるエキゾティックな写真表現への興味や、欧米中心に語られてきた「写真史」に対するオルタナティブといった側面からだけではなく、国境や文化の違いを越えて共感・享受される同時代の表現者たちの営みとして、日本の現代写真が受け容れられているということを示唆しています。この展覧会では、写真表現にさまざまな意味での変革が起きた60年代末から70年代初めの時期を、今日につながる日本の現代写真の起点ととらえ、それ以降の写真表現の展開を概観します。 展覧会は二つの章から構成されます。第一章「変容する社会」では、主に社会的な存在としての人々の姿をモティーフとする仕事、第二章「変容する風景」では、都市や郊外、自然の姿をめぐって為された仕事をそれぞれとりあげます。それらは高度経済成長期の終わりから世紀転換期までの、日本社会の変容をさまざまな視点から浮かび上がらせてくれるでしょう。またそれぞれの章を通じて、現実と向かい合いながら変容する、写真家たち自身の個のまなざしにも注目します。 本展では、日本固有の文脈を色濃く反映しつつ、世界的に共有されてきた同時代の写真表現の課題とも真摯に向かい合いながらつむぎだされてきた、日本の現代写真のエッセンスを呈示します。 [出品予定作家] プロローグ:森山大道 第一章:東松照明、荒木経惟、北井一夫、橋口譲二、大西みつぐ、土田ヒロミ、潮田登久子、鬼海弘雄、瀬戸正人 第二章:山田脩二、伊奈英次、築地仁、小林のりお、川田喜久治、宮本隆司、神谷俊美、高梨豊、ホンマタカシ、市川美幸、田村彰英、柴田敏雄 エピローグ:鈴木理策 企画協力: 増田玲(東京国立近代美術館 主任研究員) メイン画像> Masato Seto, From the series “picnic”, 2004

BOOM BEAT BUBBLE -現代版画展 2017年5月4日(木)-10月12日(木)

Posted on24 Apr 2017
Comments0
東京オリンピック、大阪万博、そしてバブル景気の熱狂。驚くべき速度で変遷していった60年代、70年代、80年代の日本の社会を、芸術家達はどのように見つめたのでしょうか。国立近代美術館からマルチェラ・コッス氏をキュレーターに迎え、ローマ日本文化会館所蔵の版画作品五十数点を通じて、日本が飛躍的な経済成長を遂げた約30年間を振り返ります。 <展示作家>小作青史、金守世士夫、上矢津、尼野和三、永井一正、斎藤義重、田村文雄、清塚紀子、日和崎尊夫、吉田克郎、横尾忠則、野田哲也、岡部和彦、木村光佑、黒崎彰、深沢幸雄、矢柳剛、吹田文明、高松次郎、オノサト・トシノブ、小野木学、草間彌生、靉嘔、李禹煥 *************************************************************** 2017年10月12日(木) 17.30より フィニサージュ キュレーターのマルチェラ・コッス(国立近代美術館)によるギャラリートークを開催します。予約不要、人数に限りあり。 フィニサージュ協力: beregiapponese sake company *************************************************************** ★オープニング&ギャラリートーク 5月4日(木)18:30 ★ガイドツアー(イタリア語) 必ずお電話にてご予約ください 5月23日 18.00 5月24日 11.30 6月7日 17.30 6月20日 17.00 7月5日 11.30 7月19日 11.30...
Read More

第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展

Posted on21 Apr 2017
Comments0
  第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 2017年5月13日(土)~11月26日(日) 会場:ヴェネチア ジャルディーニ地区・日本館 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」の国別参加部門に毎回参加し、日本館展示を主催しています。今年の日本館では、日本代表作家に岩崎貴宏氏が決定し、鷲田めるろ氏(金沢21世紀美術館キュレーター)のキュレーションのもとで、「Turned Upside Down, It’s a Forest / 逆さにすれば、森」展を開催します。                       日本館ウェブサイト(JP) Tectonic...
Read More

WASHOKU 日本人の彩り豊かな食生活 2017年1月20日-4月19日

Posted on16 Jan 2017
Comments0
WASHOKU 日本人の彩り豊かな食生活 2017年1月20日-4月19日 監修:長野県短期大学・中澤弥子教授 オープニング 1月20日(金)17.00 ガイドツアーあり 2013年にユネスコの無形文化遺産に登録された、和食。イタリアでも広く知られ、高い人気を誇る日本の食文化について、技術的な側面のみならず、食にまつわる「感謝」や「祈り」といった人々の考え方についても紹介します。和食についての基本的な構成要素を紹介しながら、過去と現在の食され方等も見ていきます。 2015年ミラノ万博で大好評だった日本館の「LEGACY」セクションから譲り受けた一部の展示品とともに、ビデオ、食品サンプル、食に関する錦絵、食器類などを展示し、長寿大国日本の食の秘密を探ります。 1月20日(金) 18.30 講演会 WASHOKU 日本人の彩り豊かな食生活 講演: 長野県短期大学・中澤弥子教授 来賓: JETROミラノ小林浩人所長   Immagine in evidenza: Mitate Genji hana no hen di Utagawa...
Read More

日本住宅建築展 Japanese House: Architecture and Life after 1945 2016年11月9日- 2017年2月26日

Posted on31 Oct 2016
Comments0
会場:イタリア国立21世紀美術館(MAXXI) 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2016年11月から2017年2月にかけて、イタリア・ローマにて「日本住宅建築展(Japanese House: Architecture and Life after 1945)」を開催いたします。 この展覧会は、日本とイタリアが1866年に日伊修好通商条約を締結してからちょうど150周年を迎える周年記念事業の一環として、イタリア初の国立現代美術館として2000年に設立された国立21世紀美術館(MAXXI)との共催により実施するものです。 日本では、毎年無数の住宅が作られており、国際的に活躍する日本人建築家の多くも住宅の設計に携わっていますが、これまで日本の「住宅」に特化した大規模な展覧会が海外で開催されることはほとんどありませんでした。本展は、戦後から今日までの日本の建築家56組による住宅建築を、400点を超える資料を通して体験していただくという大胆な試みです。 本展で紹介する75件の住宅は、単純に時系列で列挙されるのではなく、「日本性に対する批評」「量産と規格化」「町家」「軽さ」「都市の隙間」「家族への批評」などといった、13の系譜(genealogy)に位置づけられます。これにより、一見すると繋がりの見えづらい住宅どうしの関係性や、これまであまり知られていなかった建築の価値を浮かび上がらせ、表層的なデザイン性や新規性にとらわれず、一つ一つの建築やその関連性を、幅広い視座から、深みをもって眺めようとしています。 模型や図面、スケッチ、写真、映像、原寸大モックアップ、図書資料などの多彩な資料が一堂に会する、大変見ごたえのある展覧会となりました。戦後70年間で大きく変遷を遂げた日本社会において、「住まう」という最も根源的な人間の活動に対する建築家たちの取組みを、存分に読み取っていただくことができれば幸いです。 この展覧会は、ローマでの会期の後、ロンドン(バービカン・センター)及び東京(東京国立近代美術館)においても巡回展示される予定です。 概要日程概要 会期:2016年11月9日(水曜日)~2017年2月26日(日曜日) 会場:イタリア国立21世紀美術館(MAXXI) 主催 : 独立行政法人 国際交流基金、イタリア国立21世紀美術館(MAXXI) 制作:独立行政法人国際交流基金、イタリア国立21世紀美術館(MAXXI)、バービカン・センター、東京国立近代美術館 キュレーター: 保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員) Pippo Ciorra(イタリア国立21世紀美術館 シニア・キュレーター)...
Read More

日本人形展 10月4日(火)~12月28日(水)

Posted on07 Sep 2016
Comments0
日本は人形王国と呼ばれるほど、多くの種類の人形があり、それらが様々な用途や目的を帯び て、人々の生活に深く関わっています。本展は国際交流基金巡回展として、古来の風習に育まれた 「雛人形」、「五月人形」、古典芸能に材をとった「能人形」、「文楽・歌舞伎人形」、日本各地の人形、 現代工芸作家による創作人形など、代表的な人形を紹介します。

「VIVID MEISEN」展 | 2016年4月22日(金)- 6月4日(土)

Posted on17 Apr 2016
Comments0
 4月22日(金) 17:00 展覧会オープニング・ガイドツアー(イタリア語) 18:30 モダニズム着物:銘仙の時代とそのデザイン 大森哲也氏(足利市立美術館館長)、新井正直氏(桐生織塾・銘仙研究家)による、オープニング記念講演会です。 日本の近代化と共に生まれた着物「銘仙」は、20世紀初頭から半ばまで全国的に大流行したものですが、近年においても、その鮮やかな色彩、大胆なデザインと技法から、日本国内のみならず各国から関心が寄せられています。本展では、「銘仙」の中でも特に色彩豊かで自由な表現が見受けられる作品を中心にご紹介することにより、急速な日本社会の変化の中で育まれた銘仙を通じて当時の日本の庶民の活力、日本社会の活気をお伝えします。 共催:足利市立美術館  

「マンガ・北斎・漫画」展—現代日本マンガから見た『北斎漫画』 2016年2月5日(金)~4月7日(木)

Posted on06 Jan 2016
Comments0
2016年2月5日(金)~4月7日(木) 「マンガ・北斎・漫画」展—現代日本マンガから見た『北斎漫画』 オープニング 2月5日(金)18:30 江戸時代の絵手本『北斎漫画』は現代マンガのルーツを説明する際によく参照されるものですが、本展では、実際に『北斎漫画』の中のマンガ的表現や、現代マンガの中での浮世絵的表現を視覚的に比較してみることで、「北斎漫画=現代マンガのルーツ説」を検証します。また、浮世絵や北斎の愛好家と現代マンガ・ファンの両方を視野に、『北斎漫画』と現代マンガの接点や相違を復刻本およびパネル、複製原画等で提示することで新たな日本文化理解を図るものです。国際交流基金巡回展として新規に制作されたもののデビュー展で、このあと世界中を巡回することとなります。 企画: ジャクリーヌ・ベルント(京都精華大学教授) 伊藤遊(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員) 高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター学芸員) アートディレクション: 祖父江慎(コズフィッシュ) PHOTO (C)しりあがり寿 2015 /(C)アダチ版画研究所 3月17日(木) 18:30 講演会「マンガ・北斎・漫画」 「マンガ・北斎・漫画展」の監修者であるジャクリーヌ・ベルント氏(京都精華大学教授)が、本展の企画意図ならびに制作過程について、これまでに漫画をテーマとして扱った過去の国際交流基金巡回展についても振り返りながら、文化史とマンガ研究との両局面からお話します。