公演

レナード衛藤&ダンスアンサンブル「深き森」 2019年5月30日(木) 19:00

Posted on03 May 2019
Comments0
世界50か国を超える国々で演奏を行ってきた太鼓奏者、レナード衛藤がダンス・アンサンブルと生み出すライブ・パフォーマンス。豊かな音色と多種多様なリズム。その質の高い演奏に土着的な踊りからクラシカルな踊りで呼応するダンス・アンサンブル。太鼓と踊りがひとつの”絵”となるパフォーマンスは、太鼓奏者の視点で作るから面白い。祝祭パフォーマンス「深き森」は、混迷する時代において民族を越えるひとつのメッセージとなり得るだろう。 構成・演出・音楽:レナード衛藤 出演:レナード衛藤(太鼓) 田所いおり、前田新奈、水谷彩乃(ダンス・アンサンブル) レナード衛藤 -その活動の世界的規模と多様性は、一人の太鼓奏者として圧倒的な経歴を誇る- ニューヨーク生まれ。1984年より和太鼓グループ「鼓童」において演奏や作曲だけでなく、音楽監督として太鼓アンサンブルを確立させ、太鼓のイメージを一新させる活躍でグループをリードする。1992年に独立後、国際交流基金主催の海外公演ツアーをアフリカ(4回)、中近東、中央アジアなどで行う。2013年に文化庁の文化交流使に任命され、1年間ヨーロッパを拠点に活動するなど、これまでに世界50か国以上で演奏を行う。 共演者も多岐に富んでおり、ボブ・ディラン、エルトン・ジョン、スティング、QUEENのロジャー・テーラー、ザキール・フセイン、スージー&ザ・バンシーズ、布袋寅泰、堂本剛などと共演。ダンスとの創作も盛んに行っており、世界的プリマのニーナ・アナニアシビリやニューヨークのダンスグループ・ピロボラス、マルセイユ国立バレエ団、レーゲンスブルグ・ダンスなどと作品を発表している。さらに、楽曲においても”JFK”や”THIN RED LINE”などの海外映画やオリンピック競技演目、CMに多数使用されている。   田所いおり フランスの工藤大貮のもとへ短期留学し、ゲストとしてマリ・クロード・ピエトラガラが出演したフランス公演に参加。第5回日本バレエフェスティバルにて「グラン・パ・ド・フィアンセ」を踊る。日本バレエ協会公演の多くの作品に主演、ソリストとして参加。石井潤、後藤早知子、上田遥、佐多達枝、堀内充、中島素子など、日本の主要振付家の作品を数多く踊る。ViViバレエ50周年記念公演「シンデレラ」において主演。安倍みを子バレエスタジオ講師。   前田新奈 1994年~2007年、谷桃子バレエ団所属。「白鳥の湖」などに主演。1997年~2010年、新国立劇場バレエ団所属。ソリストとして様々な作品に出演。2005年より振付活動を開始。谷桃子バレエ団、東京シティバレエ団、大和シティバレエ、日本バレエ協会、熊川哲也主宰Kバレエスクールなどにて作品を発表。2010年~2012年、文化庁派遣、新進海外芸術家研修員としてドイツ・ベルリンにて研修。   水谷彩乃 3歳でバレエを始め、日本ジュニアバレエ、AMスチューデンツにて牧阿佐美に師事。関東国際高等学校演劇科にて演劇の基礎を学ぶ。2009年、ベラルーシ国立バレエ学校に留学、2011年、同校を卒業。2011年よりベラルーシ国立ボリショイ劇場に在籍。全演目に出演。2013年に帰国し、現在フリーダンサー、バレエ講師として活動中。 東京小牧バレエ団、BALLET TRADITION、森山開次演出オペラ「ドン・ジョヴァンニ」などに出演。     トップ画像 ©Art Direction and...
Read More

DANKIN みやざきみえこ&Frank Wolf 2019年2月8日(金)19:00

Posted on23 Jan 2019
Comments0
箏のみやざきみえこ、サクソフォンのフランク・ウォルフのデュオコンサート。ジャズの要素を織り交ぜながら、オリジナル曲に加え日本の曲も演奏します。ふたりの演奏がインプロビゼーションへと移り変わる瞬間、サクソフォンの音色が箏のエレガントな魅力を引きだします。

篠笛・和太鼓デュオ公演「轟」 2018年10月30日(火)19:00

Posted on12 Oct 2018
Comments0
岸田晃司(篠笛・能管)とシンゴ(和太鼓)によるユニット。古くから存在する篠笛と太鼓という素朴な組み合わせで、現代的な音楽性にも幅広く通じる二人の邦楽奏者が「日本らしさ」にこだわり、繊細さ、勇壮さ、怪しさ、陽気さを兼ね備えたアンサンブルをお送りします。   岸田晃司(篠笛・能管奏者) 神奈川県藤沢市出身。 農家に生まれ育ち幼い頃から地囃子に親しんできた経験から、本来笛と太鼓が持ち合わせる土着性と日本の横笛ならではの響きを大切にしながら活動している。日本の風土を肌で感じられるオリジナル曲の作風と演奏スタイルは、各方面から高い評価を得ている。和楽器のみならず、様々な洋楽器や舞踊などとのセッションも精力的に行っている。洗足学園音楽大学に入学、作曲や編曲を学ぶ。篠笛・能管を狩野嘉宏氏に師事。2016年11月27日、2nd original album『えん』発売。http://kojikishida-fue.com   シンゴ(太鼓) 横浜市出身。身長189cm! 小学1年生より横浜都筑太鼓で和太鼓を始め、2011年に独立しソロの奏者となる。 2012年と2015年には横浜と新宿でソロリサイタルを開催。2016年2月、自身が主宰する剣舞・マリンバ・太鼓によるパフォーマンスグループ「けんまたい!」が、伊東のホテルサンハトヤにて、1ヶ月間毎晩ディナーショーを行う。また、2015年には自身初のCD「GOLD RUSH」を発売。2016年には所ジョージのアルバムに参加するなど、レコーディングワークもこなす。和楽器や洋楽器はもちろん、ダンスやけん玉、人形、書道パフォーマンスとの共演も行うなど幅広く活動している、 2012年より、世界的な太鼓ドラマー、ヒダノ修一率いる「ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ」に所属。全国から選ばれた8名の太鼓奏者の一員として、国内外のイベント・コンサート等で演奏を行う。2015年11月には、メキシコ、パナマなど中米5カ国を回るツアーに参加。また、男性アイドルグループ「嵐」の東京ドームでのコンサートに、和楽器隊のひとりとして参加した。2016年8月にはNHK Eテレ「にっぽんの芸能」に出演。 2016年、若手和楽器奏者4人(三味線・尺八・二十五絃箏・太鼓)によるSAMURAI J BANDを結成。2017年4月にはファーストアルバム「THE ZEN」を発売し、「開運!なんでも鑑定団」で楽曲が使用されるなど、これからの活躍が期待される。 プログラム 宵宮 神馬 天の愁...
Read More

ハクエイ・キム ピアノソロ “Resonance Tour” 2018年9月28日(金)19:00~

Posted on10 Sep 2018
Comments0
2018年発表のピアノソロアルバム“Resonance”からの楽曲を中心に、有名スタンダードジャズやオリジナル曲を演奏。イタリアでの初パフォーマンスです。Jazz Conventionとの共催。Istituto Culturale Coreano後援。入場無料。 ハクエイ・キム 1975年京都市に生まれ札幌市で育つ。日韓クォーター。5歳からピアノを始める。シドニー大学音楽院卒業。 2005年Open the Green Doorでインディーズ・デビュー以来、リズムへの堅実なアプローチ、旋律に対する豊かな感性とに裏打ちされたテクニックで聴衆・批評家より絶賛され、日本ジャズ音楽シーンをけん引する一人。 2011年には、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンより「Trisonique」でメジャー・デビュー。2012年にソロピアノアルバム 「Break the Ice」、2015年に韓国伝統音楽ユニット「新韓楽」と「トライソニーク」との日韓コラボレーションアルバム「HANA」をリリース。国内外で精力的にツアー・ライブ活動を行い、国際的にも高い評価を得ている。 (写真 © Shiho Yabe) プログラム(予定) 第一部 Open the Green Door (Hakuei Kim)...
Read More

三味線・民謡コンサート in アカデミア・フィラルモニカ・ロマーナ 2018年7月13日(金)20:00

Posted on21 Jun 2018
Comments0
ポポロ広場から徒歩数分のアカデミア・フィラルモニカ・ロマーナの中庭。ロンドンをベースに欧州各地で活躍する津軽三味線奏者の一川響と民謡歌手の望月あかりを迎え、都会の喧騒から離れたローマの夜に、力強い津軽三味線の音色と郷愁を誘う日本の民謡を披露します。 日時: 2018年7月13日(金)20:00~ 場所: アカデミア・フィラルモニカ・ロマーナ内 Sala Casella (Roma, Via Flaminia 118, 00196) チケット:10ユーロ 購入は、オンライン filarmonicaromana.orgまたはTeatro Olimpicoで発売。公演時間の1時間前より、会場でも発売します。 主催:アカデミア・フィラルモニカ・ロマーナ 協力:ローマ日本文化会館      

レクチャー・デモンストレーション「室町サローネ -能楽の世界-」2018年6月28日(木)18:00

Posted on15 Jun 2018
Comments0
室町時代にうまれた能楽。この「能楽の美」について、宝生流二十世宗家宝生和英が能楽発祥の秘密やイノベーションを語り、現代社会における能楽の価値をわかりやすくご紹介。   プログラム: オープニングアクト「男舞」 講演「室町文化より能の解説」 メインアクト「清経」など。 能面・装束を展示予定。 出演: 宝生和英/森田徳和/飯冨孔明/柿原孝則/辰巳大二郎/田崎甫 ボナヴェントゥーラ・ルペルティ(ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学教授) 場所:ローマ日本文化会館 共催:在イタリア日本大使館 メイン画像:宝生和英

玉川奈々福浪曲口演 2018年5月29日(火)19.00

Posted on24 Apr 2018
Comments0
浪曲とは、語る人間と三味線弾きとの二人で物語を描く芸能。百人浪曲師がいれば、百人とも節が違うと言われ、流派や師匠の芸を受け継ぎつつも、最終的には自分自身の節を確立することを主眼としている。ローマの舞台に立つのは、玉川奈々福と曲師(三味線)の沢村美舟。「仙台の鬼夫婦」とイタリア人にもおなじみの「シンデレラ」の二席を、イタリア語解説を交えてお届けします。 プログラム 仙台の鬼夫婦 (30’) シンデレラ (23’) (シャルル・ペロー原作 玉川奈々福作) 解説:マティルデ・マストランジェロ、ステファノ・ロマニョーリ 翻訳/字幕制作:ステファノ・ロマニョーリ 協力:文化庁、ローマ・サピエンツァ大学 イタリア東洋研究学科(ISO) 玉川奈々福 神奈川県横浜市生まれ。1995年、二代目玉川福太郎に、浪曲の三味線弾きとして入門。同年初舞台。以来三味線の修業をしていたが、師匠の勧めで2001年に浪曲師としてもデビュー。2004年から浪曲公演のプロデュース開始。2006年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、「シンデレラ」や「椿姫」を浪曲化するなど、新作浪曲を数々つくり、他ジャンルの芸能・音楽とのコラボレーション企画も、多岐にわたって行う。京都造形芸術大学非常勤講師。       沢村美舟 曲師。千葉県佐倉市出身。大学の頃より、義太夫の三味線に憧れていたが、木馬亭で沢村豊子の三味線を聞き衝撃を受け、協会主催の三味線教室に通い、平成二十七年六月、沢村豊子に入門。浪曲師を腹で支える曲師、描きたい世界をともに描ける曲師をめざして奮闘中。           写真©御堂義乘

本條秀慈郎三味線リサイタル in Rome Triskelion ~巡る海峡絵巻 2018年5月3日(木)19:00

Posted on20 Apr 2018
Comments0
本條流家元にして名演奏家本條秀太郎氏に古典、現代音楽を師事。アメリカ、ヨーロッパ、アジア各地でも演奏し、故蜷川幸雄氏より「繊細で、ときに強く烈しいその演奏は深い感動を呼び起こす」と評された本條秀慈郎の三味線リサイタル。J.S. バッハ、日本の古典曲から杉山洋一、藤倉大といった現代の作曲家による作品と幅広いレパートリーでローマに日本の音色を響かせます。 協力:文化庁    

一川響&望月あかり 津軽三味線と民謡のデュオコンサート 2018年2月8日(木)

Posted on05 Jan 2018
Comments0
19:00開演 ロンドンを中心に活躍する津軽三味線奏者、一川響氏と民謡歌手の望月あかり氏によるデュオ公演。力強い津軽三味線の音色とリズム、郷愁を誘う日本の民謡を披露頂きます。三味線の弾き方や歴史のご紹介、また篠笛や民謡太鼓も合わせてご紹介する予定です。

coba special concert in Rome 2017年10月5日(木)

Posted on15 Sep 2017
Comments0
2017年10月5日(木)19時開演 昨年、その革新的な演奏でローマを沸かせたアコーディオニスト・作曲家のcobaが、この秋、彼のバンドを引き連れてローマ日本文化会館に帰ってきます。今やアコーディオンの改革者として世界に名を馳せるcoba。唯一無二のサウンドと技術でアコーディオンという楽器をメインストリームへと導いたことへの称賛をこめて、ローマでの公演後はアコーディオンの聖地と言われるカステルフィダルド市で名誉市民賞を受賞、記念コンサート(10月7日)が開催されます。 18歳で留学したcobaにとって音楽活動のルーツでもあるイタリアで、今年もとびきり情熱的なライブを繰り広げます。 coba アコーディオニスト・作曲家 数々の国際コンクールで優勝。以来、ヨーロッパ各国でのCDリリース、チャート1位獲得など、”coba”の名前と音楽は国境を越え世界の音楽シーンに影響を与え続けている。20年以上にわたり恒例化しているヨーロッパツアー、更にはアイスランド出身の歌姫ビョークのオファーによるワールドツアー参加など、今や日本を代表するアーティストとしてその名を世界に轟かせている。常にハイクオリティなサウンドを追究したその作品は国内外に高い評価を得る。アコーディオンのイメージをポップミュージックの世界で大きく変えたその音楽は今や”coba”というひとつの音楽ジャンルになったとも言われる。バンクーバーオリンピックの男子フィギュアスケートにて、coba の「eye」でプログラムに臨んだ高橋大輔がメダルを獲得し、またロンドンオリンピックでは体操の寺本明日香選手が「時の扉」を使用。冬夏2シーズンに渡り、cobaの楽曲が世界の舞台で金字塔を打ち立てた。また、今日までプロデュースしてきた映画、舞台、テレビ、CM音楽は500作品を超える。その他演奏家やオーケストラへの委嘱作品を手がけるなど、作曲家としても多くの作品を生み出している。2016年11月にはデビュー25周年を迎え、12月21日、通算37枚目となるアルバム「coba?」をリリースし、全国ツアー「coba tour 2017 25周年記念」を開催。来る10月7日、アコーディオンの聖地と言われるイタリア・カステルフィダルド市にて名誉市民賞授賞。 伊丹雅博:Guitar 1955年東京都出身 1974年~自己のグループでLive活動開始 後、Studioミュージシャンとして様々な歌手のサポート。 ギターの他、数々の民族楽器などでレコーディング、CM音楽作曲&アレンジに携わる。アコーディオニスとのcobaとは1990年に出会い数十枚のcobaのCDに参加と同時にイタリア、フランス、ベルギー、イギリスなどのツアーにも参加。 2001年ソロアルバム「a deux」リリース。 1993年~2003年に東京Popsオーケストラメンバーとして国連総会議場及びN.Yカーネギーホールでのコンサートに参加。 2003年ベルリンJazz Fesに出演。 2004年ルチアーノ・パバロッティ『ワールドツアーファイナルコンサート』東京公演に参加。 2010年8月 Steve WhippleとのDuoアルバム『A Day In...
Read More