15 Sep 2017

coba special concert in Rome 2017年10月5日(木)

/
Posted By
/
Comments0

2017年10月5日(木)19時開演

昨年、その革新的な演奏でローマを沸かせたアコーディオニスト・作曲家のcobaが、この秋、彼のバンドを引き連れてローマ日本文化会館に帰ってきます。今やアコーディオンの改革者として世界に名を馳せるcoba。唯一無二のサウンドと技術でアコーディオンという楽器をメインストリームへと導いたことへの称賛をこめて、ローマでの公演後はアコーディオンの聖地と言われるカステルフィダルド市で名誉市民賞を受賞、記念コンサート(10月7日)が開催されます。
18歳で留学したcobaにとって音楽活動のルーツでもあるイタリアで、今年もとびきり情熱的なライブを繰り広げます。

cobabpiccola

coba アコーディオニスト・作曲家

数々の国際コンクールで優勝。以来、ヨーロッパ各国でのCDリリース、チャート1位獲得など、”coba”の名前と音楽は国境を越え世界の音楽シーンに影響を与え続けている。20年以上にわたり恒例化しているヨーロッパツアー、更にはアイスランド出身の歌姫ビョークのオファーによるワールドツアー参加など、今や日本を代表するアーティストとしてその名を世界に轟かせている。常にハイクオリティなサウンドを追究したその作品は国内外に高い評価を得る。アコーディオンのイメージをポップミュージックの世界で大きく変えたその音楽は今や”coba”というひとつの音楽ジャンルになったとも言われる。バンクーバーオリンピックの男子フィギュアスケートにて、coba の「eye」でプログラムに臨んだ高橋大輔がメダルを獲得し、またロンドンオリンピックでは体操の寺本明日香選手が「時の扉」を使用。冬夏2シーズンに渡り、cobaの楽曲が世界の舞台で金字塔を打ち立てた。また、今日までプロデュースしてきた映画、舞台、テレビ、CM音楽は500作品を超える。その他演奏家やオーケストラへの委嘱作品を手がけるなど、作曲家としても多くの作品を生み出している。2016年11月にはデビュー25周年を迎え、12月21日、通算37枚目となるアルバム「coba?」をリリースし、全国ツアー「coba tour 2017 25周年記念」を開催。来る10月7日、アコーディオンの聖地と言われるイタリア・カステルフィダルド市にて名誉市民賞授賞。


伊丹雅博:Guitar

1955年東京都出身
1974年~自己のグループでLive活動開始
後、Studioミュージシャンとして様々な歌手のサポート。
ギターの他、数々の民族楽器などでレコーディング、CM音楽作曲&アレンジに携わる。アコーディオニスとのcobaとは1990年に出会い数十枚のcobaのCDに参加と同時にイタリア、フランス、ベルギー、イギリスなどのツアーにも参加。
2001年ソロアルバム「a deux」リリース。
1993年~2003年に東京Popsオーケストラメンバーとして国連総会議場及びN.Yカーネギーホールでのコンサートに参加。
2003年ベルリンJazz Fesに出演。
2004年ルチアーノ・パバロッティ『ワールドツアーファイナルコンサート』東京公演に参加。
2010年8月 Steve WhippleとのDuoアルバム『A Day In Tokyo』CDリリース。
2014年TFC55スイス公演、coba南イタリアツアーに参加。

田中晋吾:Bass

音楽専門学校に通い、その後L.A music academyの授業料全額免除奨学金オーディションに合格。
そして渡米後JazzやLatinなどより様々なジャンルの音楽を経験し、2005年よりT−SQUAREへサポート参加、ライブ&海外公演、レコーディング、ツアー活動を行っている。
その他に主な共演者は(敬称略)東儀秀樹 古澤巌 coba ジェロ 山口智充 三田佳子 マリーン 上原ひろみ 絢香 東方神起 キマグレン ゴスペラーズ つるの剛士 中村中 moumoon 山本リンダ 加山雄三、初音ミクなど幅広い分野でライブ、レコーディングやセッションで活動中。

天倉正敬:Drums

広島生まれ。幼少の頃からドラムに触れる。高校卒業後、音楽学校に入学。樋口昌之、池長一美、両氏に師事。 フュージョン、ジャズ、ロックなどを主に演奏。卒業後、20歳で渡米。オーディションに合格し、ニューヨークのロックバンド のドラマーとして活躍しつつもジャズや即興音楽、ブルースやR&B他、様々な音楽を学ぶ。帰国後、東京都内を中心にcoba、JUJU、monday満ちる、jazztronik、KYOTO JAZZ MASSIVEなど数多くのアーティストのレコーディングやライブを中心に活躍中。