7 Mar 2018

講演会「浮世絵から見る、江戸時代の建築」 2018年3月16日(金)

/
Posted By
/
Comments0

2018年3月1日からスクデリエ美術館で開催中の『歌川広重展 “Hiroshige, visioni dal Giappone”』の会期中に行われる関連企画の実施に協力します。本講演では、17~19世紀にかけて、国内の情報伝達・普及の有効な手段であった浮世絵に描かれていた情景を通じて、当時の武家屋敷、寺社建築、庶民の暮らしの場を考察します。また、当日は、17時~18時に当館図書館において、関連書籍のご紹介もいたします。

2018年3月16日(金)18:00~

講師:熊本達哉氏(文化庁文化戦略官)

協力:スクデリエ美術館、文化庁

 

Utagawa Hiroshige Kameido. L’area antistante il santuario Tenjin 1856 Serie: Cento vedute di luoghi celebri di Edo 356 x 242 mm silografia policroma Museum of Fine Arts, Boston - Gift of Dr. G. S. Amsden

Utagawa Hiroshige
Kameido. L’area antistante il santuario Tenjin
1856
Serie: Cento vedute di luoghi celebri di Edo
356 x 242 mm
silografia policroma
Museum of Fine Arts, Boston – Gift of Dr. G. S. Amsden