12 Oct 2018

篠笛・和太鼓デュオ公演「轟」 2018年10月30日(火)19:00

//
Comments0

岸田晃司(篠笛・能管)とシンゴ(和太鼓)によるユニット。古くから存在する篠笛と太鼓という素朴な組み合わせで、現代的な音楽性にも幅広く通じる二人の邦楽奏者が「日本らしさ」にこだわり、繊細さ、勇壮さ、怪しさ、陽気さを兼ね備えたアンサンブルをお送りします。

 

岸田晃司(篠笛・能管奏者)

r_koji-kishida神奈川県藤沢市出身。
農家に生まれ育ち幼い頃から地囃子に親しんできた経験から、本来笛と太鼓が持ち合わせる土着性と日本の横笛ならではの響きを大切にしながら活動している。日本の風土を肌で感じられるオリジナル曲の作風と演奏スタイルは、各方面から高い評価を得ている。和楽器のみならず、様々な洋楽器や舞踊などとのセッションも精力的に行っている。洗足学園音楽大学に入学、作曲や編曲を学ぶ。篠笛・能管を狩野嘉宏氏に師事。2016年11月27日、2nd original album『えん』発売。http://kojikishida-fue.com

 

シンゴ(太鼓)

r_shingo横浜市出身。身長189cm! 小学1年生より横浜都筑太鼓で和太鼓を始め、2011年に独立しソロの奏者となる。

2012年と2015年には横浜と新宿でソロリサイタルを開催。2016年2月、自身が主宰する剣舞・マリンバ・太鼓によるパフォーマンスグループ「けんまたい!」が、伊東のホテルサンハトヤにて、1ヶ月間毎晩ディナーショーを行う。また、2015年には自身初のCD「GOLD RUSH」を発売。2016年には所ジョージのアルバムに参加するなど、レコーディングワークもこなす。和楽器や洋楽器はもちろん、ダンスやけん玉、人形、書道パフォーマンスとの共演も行うなど幅広く活動している、

2012年より、世界的な太鼓ドラマー、ヒダノ修一率いる「ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ」に所属。全国から選ばれた8名の太鼓奏者の一員として、国内外のイベント・コンサート等で演奏を行う。2015年11月には、メキシコ、パナマなど中米5カ国を回るツアーに参加。また、男性アイドルグループ「嵐」の東京ドームでのコンサートに、和楽器隊のひとりとして参加した。2016年8月にはNHK Eテレ「にっぽんの芸能」に出演。
2016年、若手和楽器奏者4人(三味線・尺八・二十五絃箏・太鼓)によるSAMURAI J BANDを結成。2017年4月にはファーストアルバム「THE ZEN」を発売し、「開運!なんでも鑑定団」で楽曲が使用されるなど、これからの活躍が期待される。


プログラム

宵宮
神馬
天の愁
緋い月
担ぎ桶太鼓ソロ

アニソンメドレー
獅子舞
なんてこったパンナコッタ
風来坊