22 Feb 2016

デジタル時代における福島と非常時のコミュニケーション:理性と感情のはざまで 3月11日(金)

//
Comments0

18:30より

SNS、インターネットなどのデジタル・コミュニケーションが高度に発達した現代、3.11と福島を人々はどのようにとらえ、どのように影響を受け ているか。ミラノ大学が中心となって、社会学やメディア論等、さまざまな視点から論じるシンポジウムです。講演者はステファノ・マリア・イアクス教授(ミ ラノ大学)、ティツィアーナ・カルピ研究員(ミラノ大学)、海後宗男准教授(筑波大学)、田中優子准教授(名古屋工業大学)。

共催:ミラノ大学


菱田雄介写真展 

2016年3月10日(木)、11日(金)

関連企画として、講堂前フォワイエにて、ジャーナリストの菱田雄介氏の展覧会を開催いたします。当企画は震災復興支援イベント「TOHOKU DAY 2016 in Roma」(13日)にて開催される写真展「2011年63月」をもとに構成された小規模展覧会で、「ローマから東北を応援する会」様のご協力により開催させていただきます。

※写真展『2011年63月』の36点のうち、10点の作品を抜粋した展覧会です

(c)Yusuke Hishida