12 Oct 2015

日本庭園の倫理と美学 2016年11月3日(火)

//
Comments0

日本庭園の倫理と美学
11月3日(火)18:30

文化会館の日本庭園の再オープンに際し、日本庭園の文化と技術の普及活動に取り組む造園家の霧島宏海氏を迎え、日本庭園の歴史、構成要素のもつ意味、鑑賞のポイントなどをご紹介いただきます。
日本庭園のもつ視覚的な美しさ、そして精神性について理解を深めることで、庭園の鑑賞がより味わい深いものとなることでしょう。

講師:霧島宏海

13歳の頃より、両親が生業とする庭師の仕事に携わり、相原高等学校環境土木科・造園コースを卒業後、国土建設学院造園緑地工学科を卒業、20歳から庭師の修行に入る。神奈川県を中心とする数々の日本庭園の造園を手がけ、日本庭園協会神奈川県支部役員に歴代最年少で就任、神奈川県の若手庭師集団「庭盛会」を発足させるなど、日本庭園文化の普及に意欲的に取り組む。
また、オーストラリア、イタリア等で現地の造園家を対象とするシンポジウムやワークショップを開催している。

316A8067 (640x427)