ビエンナーレ日本館

ヴェネチア・ビエンナーレ日本館

ヴェネチア・ビエンナーレは、1895年に始まり、世界各国が芸術で競演するオリンピックです。日本館のあるジャルディーニ会場、またアルセナーレ会場ほかヴェネチア市内各地で開催されています。現在は美術展と建築展が交互に、それぞれ隔年で開催されており、日本は1952年から公式参加しています。日本館の建物は、ル・コルビュジエに師事した吉阪隆正氏によって設計され、1956年に竣工しました。2014年には、伊藤豊雄氏による改修を終え、戦後日本のモダニズム建築の先駆けを担った完成当時の姿が蘇りました。

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)・ローマ日本文化会館は、1976年以降日本館展示の運営を担っています。

日本館では、これまでに棟方志功(版画部門大賞/1956)、池田満寿夫(版画部門大賞/1966)、磯崎新(建築展金獅子賞/1996)、伊東豊雄(建築展金獅子賞/2012)、田中功起(美術展特別表 /2013)各氏の展示が受賞しています。

Padiglione Giappone ai Giardini di Biennale © foto di Peppe Maisto

Padiglione Giappone ai Giardini di Biennale © foto di Peppe Maisto

 

In the Real World
第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 (2014)

La chiave nella mano
第56回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 (2015)

[縁] : アート・オブ・ネクサス
第15回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 (2016)

過去の展示会一覧

ヴェネチア・ビエンナーレ美術展 日本参加実績リスト (国際交流基金HPへ)

ヴェネチア・ビエンナーレ建築展 日本参加実績リスト (国際交流基金HPへ)