13 Dec 2015

お寺ごはん 2016年1月25日(月)

//
Comments0

講演会「お寺ごはん」
1月25日(月) 18:30

若者向け活動の展開等を活発に行っている、超宗派の僧侶達が集うウェブサイト「彼岸寺」創設メンバーであり、精進料理に関する翻訳書等もある、浄土真宗東本願寺派緑泉寺、青江覚峰住職による精進料理を含む和食と食文化に関する講演会です。
イタリアでは「La cucina del monaco buddhista」(邦題「お寺ごはん」/Vallardi、2014年)が出版され、話題を呼びました。精進料理は肉や魚のほか、にんにく、たまねぎを使わずに調理されるため、低カロリーかつ健康的で、体内浄化作用があります。健康面だけではなく、数々のレパートリーをもつ精進料理は繊細な味わいにあふれ、我々の舌と心をやさしく満たしてくれます。
本講演会では、「和食とはなにか」というテーマから、精進料理の歴史や種類、食に対する日本人の価値観などを中心にお話いただきます。

ローマの後、ロンドン(1月27日)、マドリード(1月30日)、リスボン(1月31日)、バルセロナ(2月2日)の欧州各地を巡回講演いたします。

otera_gohan_kakuho_aoe_piccolo

●青江覚峰 1977年東京生まれ。浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職。カリフォルニア州立大学にてMBA取得。料理僧として料理、食育に取り組む。日本初・ お寺発のブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表。超宗派の僧侶達が集うウェブサイト「彼岸寺」創設メンバー。著書に『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ほとけごはん』(中公新書ラクレ)などがある。