21 Aug 2017

山村流 舞と地唄 大阪の伝統芸能 2017年10月24日

/
Posted By
/
Comments0

レクチャーデモンストレーション

10月24日(火) 19:00開演

舞: 山村若隼紀 
地唄: 菊央雄司
紹介・解説: Bonaventura Ruperti教授 (ヴェネツィア大学カ・フォスカリ)

共催:ヴェネツィア大学カ・フォスカリ

その他のツアー日程:
10月22日> ボローニャ (ソッフィッタ劇場)
10月25,26,27日> ヴェネツィア (ヴェネツィア大学、ヴェネツィア東洋美術館)
10月30日> ヴェネツィア (ゴルドーニ劇場)

京阪神で座敷の舞として生まれた上方舞。中でも山村流は、「大阪の舞は山村か、山村は大阪の舞か」と言われ、その繊細で優雅な舞は地唄と共に高く評価されています。山村若隼紀と地唄の菊央雄司による公演を、ボナベントゥーラ・ルペルティ(ヴェネツィア大学 カ・フォスカリ教授)の解説でお楽しみ下さい。共催:ヴェネツィア大学 カ・フォスカリ

img033

img052