Corso per insegnanti

corso_insegnanti

国際交流基金ローマ日本文化会館
日本語講座2016/17 非常勤講師募集

【募集の目的】
国際交流基金ローマ日本文化会館では、一般学習者を対象に、入門から上級までの日本語講座を開講し
ております。この度、2016 年10 月からの講座を担当する非常勤講師の募集を下記の通り行うこととな
りました。皆様の積極的なご応募をお待ちしております。
【募集内容】
1. 募集人数 若干名
2. 勤務地 国際交流基金ローマ日本文化会館(Via Antonio Gramsci, 74, 00197 Roma)
3. 勤務条件
平日(水曜除く)15:30~18:30、18:30~20:30、 土曜10:00~12:00、12:00~14:00 のうち、
平日 18:30 ~20:30、土曜 10:00 ~12:00、12:00~14:00 の時間帯で週1~2 回程度
(1 コマ=120 分、ただし15:30~18:30 の時間帯は1 コマ=180 分)
2016 年10 月1 日(土)から授業開始。
4. 待遇 当館規定による。
【応募資格】
現在、イタリアにおける居住・労働許可を有しており、平日(18:30-20:30)もしくは土曜日(10:00~12:00、
12:00~14:00)の時間帯に出勤が可能な方で、かつ次のいずれかの条件を満たす方。
・4 年制大学または大学院で日本語教育を主専攻、または副専攻として修めた方。
・日本語教師養成講座(いわゆる420 時間)を修了した方。
・日本語教育能力検定試験に合格している方。
・外国語としての日本語を教えるための教員免許 (TFA, PAS)を持っている方。
・日本語を外国語として教えた経験が1 年程度以上ある方。
(1 年未満あるいは未経験の場合はローマ日本文化会館の日本語教師養成講座を必ず受講すること)
【応募方法】
1. 提出書類
(1) 履歴書(形式は自由。但し、日本語教育に関する経歴<これまで受けた教員養成、これまで担当
したコースの対象者、機関、内容、使用教科書>などについて、具体的、かつ簡潔に記すこと。)
(2) 2016 年10 月~2017 年6 月の間で勤務可能な曜日と時間(書式自由)
(3) 現在他機関で教えている方、当館採用決定後に他機関を兼任する方はその機関名を明記。
(4) 志望理由書(A4 用紙に1 枚以内)
(5) 教案:2 ページ目を参照のこと。
2. 提出期限 2016 年6 月 6 日(月)午前10:00 必着
3. 提出先・提出方法
scuola@jfroma.it 宛に、メールで応募してください。
メールのタイトルを「非常勤講師応募」としてください。
【選考方法】
1. 一次審査 提出して頂いた書類を審査の上、6 月 10 日(金)までに結果をお知らせいたします。
2. 二次審査(6 月下旬~7 月上旬を予定)
一次審査を通過した方を対象に、当会館にて面接を行います(一次審査の教案の一部を模擬授業と
して行っていただく場合もございます)。日時はそれぞれの応募者の方と相談の上、決定します。な
お交通費は応募者の方の負担とさせていただきますのでご了承ください。結果は全ての方の二次審
査終了後、できるだけ早くお知らせいたします。
【教案】
初級クラスにおけるトピックベースの授業を考えてください。はじめに、下記の「目標とするレベル」
と「トピック」を考慮して、授業の目標とするCan-do をいくつか設定してください。その後で、この
授業目標を達成するための授業の教案を書き、提出してください。
1. 目標とするレベル
A1 (CEFR/JF 日本語教育スタンダードのレベルによる)
2. トピック
「休みに出かける」
3. 授業時間
一日2 時間(途中に10 分の休みを含む)の授業×2 日間(計4 時間)
4. 注意点
・一つのトピックの中で、四技能をできるだけバランスよく練習できるように、総合的な授業を考えて
ください。
・当館の日本語講座では、文型の積み上げではなく、Can-do の達成を目標としています。現実のコミュ
ニケーションの中で、日本語を使って実際に何ができるようになるか、という面を考えながら、それを
達成することを目標とした授業を計画してください。
・当館の日本語講座のもう一つの目標として、日本文化に接する機会を豊富に提供したいと考えていま
す。写真やレアリアを使用するなどして、できるだけ文化的な要素を取り入れた授業を考えてください。
・教案は、おおまかな活動の流れのみを簡単に書いていただければ結構です。詳細な時間配分や、セリ
フの一字一句などを書く必要はありません。
●参考サイト
国際交流基金 みんなの「Can-do」サイト
http://jfstandard.jp/cando/