October 25, 2018

日本庭園講演会「植物の扱いと意図」2018年11月9日(金)18:30

Posted on25 Oct 2018
Comments0
イタリア、フランス各地でプロの造園家に日本庭園の指導をしている霧島宏海による講演会。日本庭園での植栽の役割、作庭式植栽と自然写景的植栽のちがい、海外で人気の庭木についてや、さらに踏み込み、実践的植栽のテクニックなどを、ヨーロッパでの技術指導経験を通じて感じた日欧での植物の扱い方の差異なども交えてご説明します。 なお当日17時~18時まで、当館併設の日本庭園を一般公開します(各回20分、定員30名)。 霧島宏海 有限会社 庭匠霧島 代表取締役社長 1976年7月生まれ。庭師の父母の元、神奈川県に生まれる。1997年 造園の高校・専門学校卒業後、20歳から庭師の修行に入る。2011年、35歳で日本庭園協会神奈川県支部の副支部長に歴代最年少で就任(2014年まで)。寺社仏閣、商業施設、個人の庭園の作庭、メンテナンスを手掛けるほか、2012年より、オーストラリアやフランス、イタリアなどで現地の庭師に技術指導を開始。2016年には、39歳と史上最年少で日本庭園協会本部の評議員に就任。