展覧会

焼締め展 2019年10月9日(水)~2019年12月4日(土)

Posted on04 Oct 2019
Comments0
キュレーター 岩井美恵子氏(パナソニック汐留ミュージアム学芸員) 企画協力   平井智氏 土を成形して焼くという最も原初的なやきものの制作方法「焼締め」。日本で独自の発展を遂げた焼締めの成立から現代に至るまでの歴史とともに、茶陶における焼締めや、食の器、さらにオブジェ作品を展示します。素朴で味わい深い作品や、これまでの焼締めの概念にとどまらない新しい表現を通じて、このやきものになじみの薄い人々にも、日本人独特の感性や美意識に触れる機会となるでしょう。備前焼、信楽焼を実際に手にとって感触を確かめられるコーナーもあります。 10月8日(火)18時30分からのオープニングでは、本展企画にご協力いただいた陶芸家の平井智氏によるギャラリートークと日本酒試飲をお楽しみいただきます。   序章 焼締めの誕生 平安時代後期、須恵器にその起源をもつ備前焼や常滑焼などが作られるようになりました。 それらは釉薬が施されず約1,200℃から1,300℃という高温で焼成されたやきもので、焼締めと呼ばれるものでした。この焼締めは鎌倉時代に入り常滑焼から派生した信楽焼などにも引き継がれ、現在にいたります。ここでは、平安時代から近代にいたるまで、日本陶芸の一翼を担っている焼締めの歴史をご紹介します。                     第1章  茶陶としての焼締め 日常の器として日本国内で広く使用されはじめた焼締め作品ですが、室町時代に入ると大きな転機を迎えます。茶の湯の隆盛により、「侘(わび)」「寂(さび)」など日本独特の自然観を茶道具に求めた茶人たちが、備前や信楽といった焼締めの器に注目するようになったのです。彼らは、日常雑器を花入や水指などに見立て、茶道具として重用したのです。 本章では桃山時代に重宝された茶陶としての焼締め作品をパネルで紹介し、現代の作家の手による作品を茶道具としてしつらえ展示します。 [出品作家] 安倍安人、伊勢﨑晃一朗、伊勢﨑淳、内田鋼一、隠﨑隆一、加藤委、金重陶陽、金重有邦、黒田泰蔵、鯉江良二、辻村史朗、山本陶秀、若杉聖子  ...
Read More

「イチニツイテ 日本のスポーツ写真」展

Posted on08 Mar 2019
Comments0
2019年3月20日~6月22日 オープニング:3月19日(火)18時30分より 一般財団法人日本カメラ財団(JCII)との共催により、アスリートたちの輝ける瞬間を切り取った作品85点を一同に介します。スポーツという闘いの場にこそ、人間のドラマが集約される―。2020年東京オリンピックを目前にし、スポーツを被写体とする写真家として日本の第一人者とされる水谷章人氏をはじめ、全17人の写真家らの作品をよりすぐりました。

KIMONO OVVERO L’ARTE D’INDOSSAR STORIE 2018年11月7日(水)~2019年1月19日(土)

Posted on12 Nov 2018
Comments0
イタリア人収集家リディア・マナヴェッロ氏のもとに集められた20世紀前半期の幾多の着物や和装小物から、日本人の生活様式を振り返ります。会期中、池坊、小原流、草月流の生け花作品が会場に花を添えます。ガイドツアーについては、イタリア語サイトをご覧ください。 協力: リディア・マナヴェッロ ルイージ・ピゴリーニ国立民俗博物館ロレッタ・パデルニ(アジア・セクション責任者) ローマ国立近代美術館(GNAM)  

ENDOCOSMO マライーニ展 2018年6月15日(金)~10月20日(土)

Posted on08 Jun 2018
Comments0
イタリアのみならず世界的に知られる日本・アイヌ研究の第一人者フォスコ・マライーニ。文化人類学者、東洋学研究者、写真家、登山家、書道家、冒険家、詩人 ・・・ いくつの肩書を用いても、語りきれない同氏の人生。 孫娘であるヌール・メレヒ及びムージャ・マライーニ・メレヒをキュレーターに迎え、生涯に多彩な活動を成し遂げた稀有の人の足跡をたどり、その家族と日本との深い関わりを写真作品、フォスコ愛用の品々、ムージャ・マライーニ・メレヒ制作の映像作品等によりご紹介します。2000年に行われた「Miramondo-Fosco Maraini, 60 anni di fotografica」展(主催:イタリア国立近代美術館及びローマ日本文化会館)以来、ローマにおいてフォスコの写真が公開されるのは18年ぶりとなり、未公開作品も多数展示されます。                 協力 後援     AISTUGIA   メイン画像: Geisha,...
Read More

第16回ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 2018年5月26日~11月25日

Posted on14 May 2018
Comments0
  国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」の国別参加部門に毎回参加し、日本館展示を主催しています。今年の日本館では、貝島桃代氏がキュレーターを務め、「建築の民族誌」と題して、国内外の大学やデザインスタジオ、建築家から現代美術作家まで42組の作品を紹介します。 詳細はこちら  

新・現代日本のデザイン100選 2018年4月12日-2018年5月19日

Posted on04 Apr 2018
Comments0
オープニングイベント 2018年4月12日(木)18:30~ 生活に身近な日用品のデザインは、人々の嗜好や生活スタイルを直接的に反映する分野。現代デザインに大きな影響を与えた柳宗理、渡辺力ら巨匠による戦後の記念碑的モダンデザイン11点と、2010年以降に登場した89点のプロダクトを通じて、日本デザインの最新の傾向や特色を示すのみならず、日本文化の現況を紹介します。

ローマ日本文化会館所蔵作品展 FUORI TUTTO 2018年1月18日-3月24日

Posted on05 Jan 2018
Comments0
ローマ日本文化会館では、非営利の団体を対象にバラエティ豊かな美術品や写真パネルの貸出し事業を行っています。本企画ではこれらのセットを一挙にご紹介。「日本の祭り」、「日本の仏像」、「日本の世界遺産」などの写真パネルセット、また現代書美術、イサム・ノグチの照明作品などを展示します。             Immagine in evidenza: Santuario Itsukushima jinja, perfettura di Hiroshima (c)Kazuyoshi Miyoshi

日本の現代写真 1970年代から今日まで-同時代へのまなざし 10月27日(金)~2018年1月5日(金)

Posted on24 Aug 2017
Comments0
日本の現代写真 1970年代から今日まで-同時代へのまなざし 10月27日(金)~2018年1月5日(金) ★10/26(木)の17:00より、展覧会オープニングとしてのガイドツアー(伊語)を開催します。 近年、日本の写真表現に対する海外からの関心は、着実に高まりを見せています。それは単に、知られざるエキゾティックな写真表現への興味や、欧米中心に語られてきた「写真史」に対するオルタナティブといった側面からだけではなく、国境や文化の違いを越えて共感・享受される同時代の表現者たちの営みとして、日本の現代写真が受け容れられているということを示唆しています。この展覧会では、写真表現にさまざまな意味での変革が起きた60年代末から70年代初めの時期を、今日につながる日本の現代写真の起点ととらえ、それ以降の写真表現の展開を概観します。 展覧会は二つの章から構成されます。第一章「変容する社会」では、主に社会的な存在としての人々の姿をモティーフとする仕事、第二章「変容する風景」では、都市や郊外、自然の姿をめぐって為された仕事をそれぞれとりあげます。それらは高度経済成長期の終わりから世紀転換期までの、日本社会の変容をさまざまな視点から浮かび上がらせてくれるでしょう。またそれぞれの章を通じて、現実と向かい合いながら変容する、写真家たち自身の個のまなざしにも注目します。 本展では、日本固有の文脈を色濃く反映しつつ、世界的に共有されてきた同時代の写真表現の課題とも真摯に向かい合いながらつむぎだされてきた、日本の現代写真のエッセンスを呈示します。 [出品予定作家] プロローグ:森山大道 第一章:東松照明、荒木経惟、北井一夫、橋口譲二、大西みつぐ、土田ヒロミ、潮田登久子、鬼海弘雄、瀬戸正人 第二章:山田脩二、伊奈英次、築地仁、小林のりお、川田喜久治、宮本隆司、神谷俊美、高梨豊、ホンマタカシ、市川美幸、田村彰英、柴田敏雄 エピローグ:鈴木理策 企画協力: 増田玲(東京国立近代美術館 主任研究員) メイン画像> Masato Seto, From the series “picnic”, 2004

BOOM BEAT BUBBLE -現代版画展 2017年5月4日(木)-10月12日(木)

Posted on24 Apr 2017
Comments0
東京オリンピック、大阪万博、そしてバブル景気の熱狂。驚くべき速度で変遷していった60年代、70年代、80年代の日本の社会を、芸術家達はどのように見つめたのでしょうか。国立近代美術館からマルチェラ・コッス氏をキュレーターに迎え、ローマ日本文化会館所蔵の版画作品五十数点を通じて、日本が飛躍的な経済成長を遂げた約30年間を振り返ります。 <展示作家>小作青史、金守世士夫、上矢津、尼野和三、永井一正、斎藤義重、田村文雄、清塚紀子、日和崎尊夫、吉田克郎、横尾忠則、野田哲也、岡部和彦、木村光佑、黒崎彰、深沢幸雄、矢柳剛、吹田文明、高松次郎、オノサト・トシノブ、小野木学、草間彌生、靉嘔、李禹煥 *************************************************************** 2017年10月12日(木) 17.30より フィニサージュ キュレーターのマルチェラ・コッス(国立近代美術館)によるギャラリートークを開催します。予約不要、人数に限りあり。 フィニサージュ協力: beregiapponese sake company *************************************************************** ★オープニング&ギャラリートーク 5月4日(木)18:30 ★ガイドツアー(イタリア語) 必ずお電話にてご予約ください 5月23日 18.00 5月24日 11.30 6月7日 17.30 6月20日 17.00 7月5日 11.30 7月19日 11.30...
Read More